Howard Hewett / I Commit To Love


記念すべきソロ作。Sharamarはこのひとの美声があったからこそ、ディスコ時代を旋風するグループであったに違いない。
そしてボーカリストとしてフォーカスされるべき時間が訪れた時のアルバム。
まずは2曲目”I’m For Real”を聞いて欲しい。George DukeやPaul Jackson Jr.をバックに情感たっぷりに歌い上げる。
Leon Sylversとの表題曲も流石。
ファルセットは「いわでもがな」の美しさ。損をしてるのが地声でシャウトしても声のボリュームに欠ける点かな。好き嫌いの別れる声。俺は文句なしに大好き。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中