Skool Boyz

 
By All Meansの前身バンドとして知られるSkool Boyz。
最近、再発されました。
今は80’sソウルはなんでも再発される時代なので、こんなアルバムが出ても珍しくないですね。
まだまだお得意のクワイエットストームサウンド量産の片鱗を掴めるまでは伺えません。非常にオーソドックスなソウルを聴かせてくれます。
スロウジャムの出来が素晴らしいです。I Ain’t Gonna Go Searchingでは美しいコーラスに泣きのファルセットを交えています。アップナンバーのほうはライトファンク中心。Con Funk ShunのようなホーンとリズムギターのCan We Do It Againがクールです。
しかしながらソウル臭いボーカルなど希薄だし、私的にはJimmy VarnerがBy All Meansサウンドの肝だったと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中