Tim Miner

懐かしい。白人なのにMOTOWNから堂々リリース。
Tim MinerはBrian McKnightに似ているということで買った記憶が。あの独特のソフトな節回しそのもので、丁寧に感情込めて唱うひとだった。
しかもLove All The Hurt Awayでは共作し、バックボーカルと楽曲まで一緒にしている。

心地よいミディアムThis World Can Wait,アジアン風味なイントロが最高なYesterday,これまたマックナイトがやりそなYou Must Knowとスロウは素晴らしい。なにせ歌がうまいしメロディラインが美しい。

このひとプロデュース業のほうが忙しかったようで、白人ながらかなりのR&Bアーティストをてがけたようです。
このアルバムの後はポップスフィールドで1枚、ゴスペルで2枚ほどリリースしていますが、是非R&Bアルバムで復活して欲しいです。

広告
カテゴリーR&B

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中