Barbara Weathers


Sharon BryantがAtlantic Starrを脱退した後に抜擢されたボーカリストBarbara Weathers。どちらかといえばBarbara Weathersのほうが見た目タイプ(笑)。
丸顔でポッチャリした彼女はキュートだった。このソロアルバムの写真はいただけないが(笑)
彼女が入ってからAtlantic Starrはポップチャートに上がるようになる。披露宴の定番”Always”(今は使わんか(笑))、不倫ソング”Secret Lovers”、そして大好きな”Silver Shadow”は彼女が歌っていたのだ。
このソロアルバムはAtlantic StarrのWayne Lewisが4曲プロデュース。しかしその曲よりいいのはMaurice Whiteの”Where did our love go”。リラックスした曲調ながら芯の通ったブレのないボーカル、そして脇を固める演奏にテナーサックスでGerald Albrightが参加している。
しかしSharon Bryantのアルバムのほうがまとまりがよく、ソロアルバム対決では残念ながら負けてしまっている。ブックオフでたくさん見るので悲しい(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。