Giorge Pettus


Soul Masterpiece Vol.1発売を記念して(笑)、聞きまくるブラコンシリーズ。今度はGiorge Pettus。
久々ゆっくり休日なので、ターンテーブル回しました。

87年MCAから発売されたGiorge Pettus。Louil Silas,Jrがエグゼクティブプロデュース、LALAやKashifが脇を固める。
2枚目のアルバムもすっごくいいのですが、この1stはほんと味わい深く、Pettusのボーカルが深く心に浸透していく。。
ゴスペルフィーリングを持ち合わせるエモーショナルな歌声、その緩急自在のボーカルワークは聞く者を魅了する。
Kashifがらみということで、Howard Johnsonなどのニューヨーク系ファンクも期待するが、もう年代が年代的におちついたサウンドに。そこだけ残念だが、”You’re Perfect”などはさすがKashifだと思う。
2枚目よりバリエーションの多い曲調が楽しめ、やはりステキなアルバムだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中