Atlantic Starr初代リードシンガーであり、全盛期の看板娘だったSharon Bryant。
おなじみの”Circles”は彼女の声。Bobby Eliによる初期の数枚から最高傑作と名高い”Yours Forever”まで彼女の独壇場なのだった。
このアルバムは旦那のRick Gallweyが関わった89年のソロ作。旦那はChangeにいたらしく、それらしき研ぎ澄まされた音もあるのだが、全体的には柔らかい印象。
Atlantic Starrの新曲といってもいいほどのダンサー”Here I Am”は素晴らしく、打ち込みのスネアの音色が時代を感じさせられる”Let Go”はダサかっこいい(笑)。
わたしが一番聴いたのは”Foolish Heart”。JourneyのSteve Perryが歌っていたミディアムバラッド名曲。これには相当はまっていたので、自分も若いのにおませだったんだなぁ(笑)
彼女は歴代のAtlantic Starrの女性ボーカルの中でもやはり最高だと思う。癖のないノーブルな声質は優しく伝わり、時に感情とともに熱くフェイクし、聴くものを虜にさせてくれる。
もちろんCDでも販売されており、ブラコンフリークにはマスト盤。見つけたら即ゲットすべし。

広告