Day Ta Day / Take Your Time

発売当時はグループものが多かった為か、これも同じようなもんだろうと、ほとんど気にかけてなかったし。一聴してインパクト弱だったので隅に埋もれていた(笑)
時を過ぎれば、このアルバムも良く聞こえてくるのが不思議。ジャケットでの衣装がカラフルでステキだ。黒人は何を着ても似合ってしまうな。これが日本人だったらやり過ぎ感タップリで即敬遠。
5人組でけっこう唱えるヤツがおり、コーラスも乱れない。フィラデルフィアのシグマサウンドを使ったり、こだわりも持ち合わせている。そういった背景で言えば、オーソドックスな”Don’t Stand In The Doorway”、Silkがやりそうな美しいアコーステックバラッド”Maybe Tonight”や”So Long,Goodbye”などが聴き応えある。

それに比べ、クレジットの名が泣きそうな曲も正直ある。
後半の”Baby Don’t Let Hooked On Me”はSilkのLIL.Gが制作しているが、これはもひとつ楽曲が貧弱。
Darryl Simmons(LaFaceファミリーの重鎮)とBenjamin Winnansが制作した”Everything To Me”は明朗なミィディアムなのだが、担当したリードボーカルが弱く、せっかくの軽快感を損なっている。

彼らはこの一枚で消えたようだが、5人編成でパートの譲り合いがいけなかったのではないかな。オレがすべてリードをやって引っ張っていくという気概のあるリーダーが必要だったのかも。

広告
Posted in R&B

2 thoughts on “Day Ta Day / Take Your Time

  1. このグループたしか12インチだけ持ってます。
    あまり記憶にないです。

    ところでBottoms Up!はやめたんでしたっけ?

  2. 珍しいですね。12インチなんて。
    アルバムはコンセプトがないし、個性も希薄です。だから売れなかったんでしょうねぇ。いい曲はあるんですが。。
    Bottoms Up!って前のブログタイトルですよね。もう使用していません。SOUL BROS.にタイトルを変えてるだけですよん。サーバーを移転しまくったので過去記事はかなり削除になってますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中