The Force MD’s / Moments In Time


大阪のTower Recordで買った記憶が。久々の新譜だったので嬉しかったな。
当時はスウィートにも傾倒していたので、Force MD’sは必須だった。
94年のこのアルバム、インディ落ちしJam&Lewisから手が離れ、自ら制作に。
予算の関係もあるだろう、チープな楽曲に少々がっかりするところがある。でもグループの方向性はそのまま。スウィートな佇まいが崩れることはない。
前半の5連続スロウは極甘。しかも今までのアルバムより、幾分押しの強いテナーが、より狭間のファルセットが生きた感じ。4曲目はエッチな喘ぎ声入りなので、大音量で聴くには場所を選ぶが(笑)。
Force MD’sはパートの役割分担が絶妙で、誰が引っ張るというオレがオレが的なヤツがいない。そういった点では強烈な個性はないがグループとしての成熟度は頂点を迎えたといえる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。