Richard Burton

2001年MCAからデヴューしたRichard Burton。といってもMCA崩壊のあおりかアルバムは発売されなかったようだ。
これはBallerというCDシングル。
なんとK-Ci&jojoと似ていたRuff Endzがコーラスで参加。
荒々しい声は見た目どおり。しゃがれ気味で太い声はパンチ力がある。
楽曲はエッジの効いたビートで、フックではピ~ヒョロ~と和笛が印象的。
Ruff Endzはそんなにしゃしゃりでていないが、厚みのある曲に仕立ててくれた。

広告
Posted in R&B

4 thoughts on “Richard Burton

  1. 彼、今は何をしているんでしょうか?
    アルバムはサンプル盤を手に入れましたが、個人的には出なくても仕方ないかな?という駄作に感じています。
    声は良いだけにちょっと惜しい素材とも感じますが…。

  2. やまねさん、アルバムのサンプル盤お持ちなんです!?
    いやぁレアなものを。。。ネットでも見たことがないです。
    内容がもひとつとのことですが、製作陣に恵まれなかったんですかね。わたしもいい声はしてると思うのですが。素材をいかしきれない時代だったのかもしれませんね。こういう人はインディで地道にやればいいかも。

  3. はい、幸い持っております(^^)。

    インディで活動を続けていないのかな?と捜索は続けているのですが、その後見つけることは出来ず。

    何をしているんでしょうかね?

  4. 音楽にたずさわっているのであれば、Jesseのようにゴスペルに転向もありなんでしょうけどね。
    地味な仕事でもしながら、彼なりに幸せな人生を送っているのではないでしょうかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中