Kashif / same (1st Album)

音の空間プロデューサー(笑)Kashif。
元B.T.Expressだったとしても、なぜに独自なシンセサウンドを奏でることができたのか。
生音からシンセサウンドになる過渡期に、こうすればかっこよく曲が作れるんだという実験的な挑戦がなければ、無理だったろう。
MiniMoogというモーグ博士のシンセサイザーを操る第一人者だった。

George Benson, Evelyn “Champagne” King, Melba Mooreのプロデューサーとしても活躍した彼は、自身のアルバムも素晴らしい。
これは1st。1stが一番完成度が高いかもしれない。最近、2003年になってカップリングで再発された。ブラコンフリークのマスト盤。

 

広告

4 thoughts on “Kashif / same (1st Album)

  1. インストのCall Me Tonightが大好きです。
    当時のFENだったと思いますが、ソウル系の番組でこれをテーマ曲にしてたんですよ。
    カッコよかったなあ。

  2. FENのテーマ曲にですか。センスいいですね。
    2ndのほうですね、Call me tonightは。
    このひとの仕事ではHoward Johnsonが最高です。

  3. こんばんは!自分この人プロデューサーってイメージなんですよね。アルバム欲しいんですけど今手にはいらないですよね?hirooさんはリアルタイムに聴けた方ですか?紹介して頂いた1st 、2nd以外にあのCDの感じはAristaからか?出したアルバムってありますか?ブック・オフで見かけました。買いたかったんですが、たまたま別に欲しいのがあってそうこういってるうちになくなってしまいました。本当悔しかったです。白黒のジャケでしたので自分横を刈り上げたビリー・オーシャンみたいに思ってましたけど全然似てませんね。この人も再発してほしいです!

  4. 確かに自身のソロ作よりプロデュースしているナンバーのほうがいいですね。
    1stアルバムは再発されましたよ。探せば見つかると思います。
    残念ながらその時代のはリアルタイムでは聴いていないですね。どっちかつうと後追いです。おっしゃっている白黒ジャケのやつって89年のARISTAのかな。amazonで100円くらいでゴロゴロ売っていますのでよろしければそちらで(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中