Kashifは大の日本びいき。
林家三平師匠の「どうもすみません」が流行っていると聞けば、そのポーズをジャケットまでしてしまった。
裏ジャケットでは障子の前になんとなく佇む姿。
このセンスたるや、「ほんとにこんなジャケット作っていいの?」と思う決断力と余裕はどこからくるのか(笑)
2代目に頑張っていただく意味も込めて、いっ平の写真を使わせていただきました(笑)

肝心のアルバム内容。
Kashifの代表作といわれるように、1stから更に進化したニューヨークサウンドを魅せてくれます。
極めつけはタイトルトラック”Send Me Your Love”でしょうか。
日本のワビさびに通じる(笑)、奥深いスロウ。
私的にはこのひと自身のアップナンバーより他人に提供したほうが好きなので、アップはまあまあですかね。
でも最高ですよ。1stと併せて、ソウルファンのマスト盤。

sanpei

広告