Eighties Babies-Track List-

01 Shon’in
02 Marry Me (Down On My Knees)
03 Knockin’ Boots ’08
04 XXL
05 Cuddle Up
06 Insecure
07 How Long (On And On)
08 Let You Go
09 Bedroom Beast
10 4 Play
11 Sleep Wit Me

Pretty RickyのEighties Babies、全曲、音源を確認いたしました。素晴らしい内容です。
90’s R&Bにどっぷりハマった方には涙ものでしょう。前作のLate Night Specialで彼らの様式美は完成されましたが、それをもっと歌ものR&Bよりに進化させたものといえます。
Pleasure Pに替わり、 新しくメンバーに加わったリードボーカリスト”4 Play”をかなりフューチャーしています。
シングルカットされて既にお披露目になっている、H-Townのカバー、Knockin’ Boots ’08で体感した方も多いはず。
恐ろしく表現力のあるボーカリストで、通常テナーなのですが、突如ファルセットに切り替わり、それが非常に艶めかしい。10曲目には”4 Play”というネーミングそのままのナンバーがあり、これは彼の素晴らしい喉が十分堪能できるバラッドです。

他のメンバーはラップとコーラスで厚みを持たせ、全体的にソリッドなトラックがアーリー90’sを思い起こさせます。
H-Town、Jodeciのようなザラついた味わい。ボーカルはなんといったらいいのでしょう。ラップは攻撃的なのですが、4PLAYがちゃんと歌っているので、あまり比較するグループもいません。
もう1曲シングルカットされた”Cuddle Up”はXscapeのような趣の女性ボーカルグループ”Butta Creame”をフューチャー。ビデオクリップでは「やり過ぎ」感たっぷりの90’s懐古趣味的な衣装に身に包み、微笑んでしまいました。一緒に「Woo Uhh!」と叫んでしまいました(笑)。
アップもスロウも、とにかくかっこいいナンバーだらけです。
お蔵入りという噂ですが、リファインしてリリースされるのかもしれません。Late Night Specialがナンバー1を取ったスペシャルなアルバムだっただけに、先行シングルがチャート50位あたりでしたから、売れゆきを見て、トラックの洗い直しをするかもしれません。無事リリースされることを祈りたいです。

広告