The Reddings / The Awakening & Class

 

オーティスレディングの息子二人とその従兄弟の3人組バンドとして有名なThe Reddings。政治家の二世は困りものですが、アーティストとしての二世はウェルカムですね(笑)。やっぱりDNAは受け継がれたほうがいい。歌舞伎でもそうでしょう?
といってもこのReddings、お父さんとは指向がまったく違います。
正統派ファンクです。
当時まだ未成年のような若さなのに、しっかりとした演奏、特にスラップベースの精度は異常なくらい。このベースが好きでReddingsにハマッたファンクファンは非常に多いです。ですから、再発を希望されていますが、一昨年くらいからそれまで熱望されていたStarpointがどんどんリリースされているのに、このReddingsは1枚も再発されていません。
痺れを切らしたので初期2枚をカップリングでCD-R化しました(爆)。ちょっと音質に自信なし(笑)。約70分に収まりました。
1stと2ndなのですが、特にこの2枚の完成度は高く、いい時代(80年、81年)に録音したのか、やりたい音、それは生音中心のリアルファンクであるということです。添えるホーンなどのコンビネーションも抜群です。
お馴染みのRemote ControlやナイスミディアムI Want Itなど、何度聞いてもいいです。

広告

The Reddings / The Awakening & Class” への4件のフィードバック

追加

  1. やはりReddingsはCD化してないんですねえ。
    私も友人に頼まれてCD-R化しました。
    The Awakeningのベースは正に圧巻!ですね。

  2. 何曲かピックアップされコンピレーションに入ってるようですね。オリジナルアルバムとしては未発です。
    これもしばらくすれば再発になるとは思いますが。
    DEさんもCD-R化されたんですね(笑)。家のCDプレイヤーが、MP3非対応なので、わざわざMP3音源をCD-Rにして聴いたりしています(爆) 爆音でなければ音質は気にならないですね。
    Awakening最高ですよね。非常にうまい。誰に学んだのかな。。。

  3. 僕がリアルタイムで聴いてたのは「Steamin’ Hot」あたりかなぁ。。。

    Don Tracyでどの曲だったか忘れたけど、頻繁にかかってた。

    コンピ出てるんだ、でもアナログ持ってるしなぁ。3枚だっけ?、全部で。

  4. Reddingsは6枚だと思います、アナログ。ラストの88年作だけCDになっていますね。
    The Awakeningを聴いたきっかけでベースを始めたひとも多いらしいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。