Teddy Rileyがプロデュースした、問答無用のニュージャック傑作。
なんといいますか88年というのは、凄まじい転機だったんだなぁ。Teddy Riley天才です。それまでにないビートをつくっちゃったんですから。ビート以外にも仰々しいオーケストレーションをキーボードでやっちゃうところも斬新過ぎる。
“Him Or Me”,”Girl I Got My Eyes On You”,”Take It Off”と立て続けにヒットさせちゃった。
私的には”Girl I Got My Eyes On You”が大好き。ハーモニーの青々しいこと。アルバム後半はスロウ攻勢だが、”Take Your Time”なんぞ、ファルセット混じりでシュガーソウルな佇まい。

Gene Griffinがけっこうクレジットされてるけど、これも名ばかりで全部Teddyが作ったんだろうな。Gene Griffinって、なんもしないくせにプロダクションで人を使ってるだけのひとだったんでしょ?そのあたりはよしき氏が詳しいのだが、893みたいな奴だったらしいよ。Teddyは昔からプロダクションに泣かされてるらしいけど、本人、金銭感覚疎いようだから仕方ないかも。
TodayはメンバーであるBig Bubのソロ作品も最高です。これもTeddyの作品か。

広告