The Temptations / Together Again

リードボーカルのデニス・エドワーズが復帰した時のアルバム。
調べると3回脱退し2回復帰しているようです(笑)。復帰できる懐の大きさが番長オーティスの器なんでしょうか(笑)。

初期のテンプスについては、聴いたことがあまりないので多くを語れないのですが、デニスはどっちかつうと苦手な印象でした。見た目が濃いじゃないですか(笑)。押せ押せ過ぎるバリトンももひとつだったんですが、このアルバムはサウンド的にレイト80’sですし、あまりしつこくないボーカルだったので好きでした。
特に1曲目”Look What You Started”はアリオリ時代の3部作と似たナンバーで、雄叫び具合がスリリングで躍動感のあるものです。2曲目”I Wonder Who She’s Seeing Now”はスティビーワンダーをハモニカソロでゲストに迎えたナンバーで、このアルバムのベストトラックといってもいいくらいテンダーで深みのあるミディアムです。とてもステキなナンバーで、まろやかなハーモニー、ぐいぐい引っ張るデニスのリードといい、これこそがテンプス!と唸らされます。

広告

One thought on “The Temptations / Together Again

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中