Chapter 8 / Forever

Michael J.Powellのバンド、1988年の作品。このアルバム、ちょっとジャケの愛想なさで損してると思うな。
This Love’s For Realはもちろんナイスなアルバムだけど、あれジャケデザインもいいじゃないですか。こちらはなんで?って問いかけたくなるほどダメ。でも楽曲はジャジーでおしゃれなんだわ。
A面のGive Me A Chance~So In Loveの流れが好きです。Gerald LylesとValerie Pinkstonの豊潤で味わいのあるボーカルが洗練されたサウンドにベストマッチ。

広告

4 thoughts on “Chapter 8 / Forever

  1. 他のチャプター8のアルバムを聞いていなければ、このジャケでは絶対スルーです(笑)
    ジャケ買いしない代表的なアルバムですね。

    マイケルはまったく音沙汰なしですね。このまま埋もれるには、ちょっと寂しいですね~

    あ、飲める時間とれたら連絡くらはい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中