Michael J.Powellのバンド、1988年の作品。このアルバム、ちょっとジャケの愛想なさで損してると思うな。
This Love’s For Realはもちろんナイスなアルバムだけど、あれジャケデザインもいいじゃないですか。こちらはなんで?って問いかけたくなるほどダメ。でも楽曲はジャジーでおしゃれなんだわ。
A面のGive Me A Chance~So In Loveの流れが好きです。Gerald LylesとValerie Pinkstonの豊潤で味わいのあるボーカルが洗練されたサウンドにベストマッチ。

広告