Lance Ellington / Pleasure and pain

Jam&Lewisが創立したフライトタイムレーベルの白人アーティスト”Lance Ellington”。
クレジットにないものの明らかにJam&Lewisに影響を受けたかのようなサウンドがちらほら。
2曲目”Time won’t wait”なんぞアレックスの初期作品のようなシンセづかい。こういう音は嫌いでない(笑)
続く”Who’s loving you tonight?”もステキなスロウ。コーラス部分なんぞ、New EditionのHeart Break時代でよく聴いたフレーズづかいでJam&Lewisそのものだ。
なかには辛い軽めのアップがあるものの、総じて統一感のある音作りで好感が持てる。

広告

Lance Ellington / Pleasure and pain」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中