Troop / Troop (1st album)

 

Attitudeのアルバムばかり印象が強いTroop。ところがこのデビュー作も忘れてはいかん。けっこうスキです。
Gerald LevertとChuckii Bookerが制作陣です。Spread My Wingsの弾け感はないものの、ニュージャック前夜のフレッシュなダンサー”Mamacita”~”My Heart”はさすがの身のこなし。スロウでは”Still In Love”,”Young Girl”がスウィートです。
Steve Russellって裏方で頑張ってたのに、最近どうしてんだろうな。 Troopでの懐メロツアー以外とんと話題にでん。

広告

Troop / Troop (1st album)」への4件のフィードバック

  1. 懐かしいですね!この間のToday とかHi Fiveはちょっと後かな?まあ同じくらいじゃなかったでしたっけ?90’sのグループの走りはBoyz II Menみたいに世間的になってますけどこの人達の方が先に居ましたよね。しかも確かどちらかMotownじゃなかったでしたっけ?まあさておき自分はTodayよりTroopが好きでした!この人達もポピュラー受けしそうな感じは充分あったと思うんですが・・・まあ自分的にはR&B受けしててくれればいいんすけどね!今何処にいるんだろう?そういえばSteve Russellさんて名前も確かに見なくなりましたね。こうして打ってるといろいろ思い出してくるもんですね。Motownでいえば子供でBoysっていましたよね?生きてれば多分アッシャー君くらいだと思うんですけどあの子達も確か同じくらいじゃなかったでしたっけ?

  2. TROOPのほうがしっかり聴いた記憶があります。TODAYは2ndからどうでもよくなったというか。。。
    サウンド的におもしろさがないんです。
    TROOPは逆にアルバムごとに進化してましたし。(3枚目まで)

    The Boysでしたっけ。わたしは苦手で聴いてないですね。大人になってから、成長もみたいもんですが、そこまでの実力もなかったのでしょう。

  3. 確かに、Stevenは音沙汰ないですね。
    TROOPの現在の最新作(Mayday)は98年ですが、2004年にATLという若手グループに3曲Writing/Produceしていましたので、それが私の知っている近況ですね。
    Stevenは、雑誌で見かけた去年あたりの写真を見る限り、年相応にメタボ体型でした(もともと太めでしたね)。
    「毎年、いくら書いても全然Hitしないのはなぜじゃあー」って嘆いているとか。

  4. >「毎年、いくら書いても全然Hitしないのはなぜじゃあー」って嘆いているとか。

    実力ではないでしょうか(笑)
    現役のころ、その独特なスロウにおけるキーボードの使用感がスキだったんですけどね。
    その路線は長くは続かなかったかなぁ。

    YouTubeでメタボなTROOP見ました。あれではダンスどころではないと思います(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中