George Benson / In Your Eyes

マイフェバレットアルバム。なんてカタカナでどう意味があるのかてな感じだが、特にこの記事だけに書くのっておかしいか(笑)
ベンソンを昔から(70年代)聴いたわけでなかったので、このひとはこういうのがあたりまえと思っていたが、全然違うブラコン路線になっている。どういう心境の変化なんでしょう。
ギターはIbanez。この音がたまらない。セミアコのスタイルもかっこいい。スタイルはストリングスで使用する弦楽器に近いので、これを抱えただけで「おっ、できるやつ」と思わせる。

このアルバムからは代表曲”In Your Eyes”,”Feel Like Making Love”,”Inside Love(So Personal)”といったナンバーが生まれている。Feel Like Making LoveはRoberta Flackのカバーだが、まったくと言っていいほど別物のスタイリッシュなナンバーになっている。Inside Loveは他のアルバムでもコラボで名をはせたKashif作品。文句なしにかっこいい。In Your Eyesはベタなバラッドだが、それもベンソンの売りなので、ここはサラリと聴きたい。

上記3曲以外にも軽やかでスムースなナンバーのNever Too Far To Fallや聴かせるインストBeing With Youなど流石。やはり実力とセンスが備わったひとは輝いている。

広告

George Benson / In Your Eyes」への4件のフィードバック

  1. 私もこのアルバムはベンソンの中で最も好きです。
    Give Me The Nightで知ったので、その後のTurn Your Love Around,
    Never Give Up On A Good Thingあたりの路線から自然な流れに感じました。
    Feel Like~などは逆にロバータよりもこちらが先でしたので、
    私にとってはオリジナルです。
    ベタなタイトル曲やポップなLady Love Meなんてのも大好きですね。
    生音好きなのでInside Loveだけはちょっとなじめませんでした。
    ベストはラストのIn Search Of A Dreamです。
    マーカス・ミラーのベースがたまりません。

  2. このアルバムとWhile The City Sleeps(けっこう後のアルバムなんやけどね)はテープですり減るほど聴きましたなぁ。
    最初はLPなんぞをレンタル屋で借りたりしてね。その後、結局買ったかなぁ。
    現在はほぼCD化になって、いい時代ですわ。
    While The City SleepsはボロボロのCDなので、新しいめのを探そうと思っておりまする。

  3. えええ、なーーんでUse Meが出て来ないかなーーーー!
    俺的にはGBというよりも、マイベストBlack Musicですよーーー!

    あ、GB=ごっついボイン、ではないですよ。 念のため。

  4. Use Meもハイ、いいっすねぇ。イントロも最高です。全曲いいですわ、結局(笑)
    そっか、Fusionから洋楽入ったんでしたっけ?ミスター。そやったら、ベンソン大好きやろなぁ。

    >GB=ごっついボイン
    グレイトなバストともいいますな~(笑)

    私的な妄想ですまんが、俺は背後からガバッと。。。というのが理想プレイです(爆)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中