Rene Moore / Destination Love


 Angela Winbush をパートナーとしてRené & Angelaを組んでいたRene Moore。ソングライティングできるミュージシャンで、マイケルやジャネットのナンバーを製作したりもしていた。
このアルバムは88年のソロ作。俺はいつだったかSoul Bar Ohioで聞かせていただいた。珍しかったCDなので、すぐ探したな。

なんというかこのひとの声は癖がない。それはいい表現で、悪く言えばサラッとしていてうまくないのである(笑)。
でも、楽曲の良さとバックのミュージシャンで助けられている。
当時のブラコン真っ直中な楽曲でいえば”Never Say Goodbye To Love”や”I Count The Hours”があたり、模範的なナンバーといえる。サウンドだけでなく、ヘタながらも真摯に歌うReneの姿は好感がもてる。
最近、René 名義で復活している。

明日は、週末。久々イベントなんつうのに行ってこようかな。長時間ハコにいると、自分の汗臭さに嫌になるんやけど、まいっか(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中