Atlantic Starr / All In The Name Of Love


Atlantic Starrはそれぞれの時代に融和した、順応性のあるグループだったと思う。
このあたりから知った方も多いと思うが、ズンドコファンクをやっていたグループと同じグループとは思えないくらいにポップに変身した。
また女性の起用方法がドンピャで、このアルバムではキュートなBarbara Weathersが紅一点に。

一時の披露宴新郎新婦入場、もしくはお色直しでのナンバー(笑)”Always”はブラックを聴かないひとまで、知り渡っている。
後半にいいナンバーがあり、グルーヴィンミッドダンサー”Let the Sun In”、1st Verseから徐々に感情を高揚させていく”I ‘m In Love”、まさしくAtlantic Starrなデュエットナンバー”All In The Name Of Love”と、柔らかな彼らの印象が聞き手に伝わる佳曲揃い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。