Guinn / Guinn

ブラコン大好きな方にはマスト盤。
Guinn兄弟によるOne&Onlyなアルバム。ミディアムスローの連続でアダルトな夜を味わうにはピッタリのアルバム。VANESSA WILLIAMSがカバーしたDreamin’、NORWOODがカバーしたI Can’t Live Without Youと取り上げられる程、原曲の良さが光る。A-2 “Open Your Door”は掛け合うファルセットが印象的で、スウィートな表現力も持ち合わせる一押しナンバーです。
これ以外のすべてのナンバーが素晴らしく、捨て曲ナシという内容のアルバムはなかなかお目にかかれません。わたしもこれでもか!というくらいに聴いています。
2年ほど前にイギリスのBlue Bird Recordsから再発されています。

広告

Guinn / Guinn」への4件のフィードバック

  1. これはジャケで買いたくなりますね。Starpointみたいだ。
    Dreamin’はカバーだったんですね。あの曲好きなんですよ。
    これまた気になるアルバムが増えてしまいました♪

  2. はじめまして。久々にBy All Means の3rdアルバムを聴いていて、Jimmy Varner って、今どうしてるのかなと思い検索していたら、こちらに辿りつきました。
    も~、全てが懐かしいです。その昔、ひたすら Black Music Review を読み、美メロを追求していた自分を思い出しました。

    Guinn 実家の押入れに入ってます。当時、バイヤーをやっていた友人にバブル価格で譲ってもらいました。帰省したら聴きたいです。やはりこれは名盤ですよね。

    NORWOOD は、元アルマーニのモデルだと聞いたような気が。。ジャケがすっごいハンサムで、壁に飾ってました。Chapter 8 のオープンカーに乗ってる男女のジャケと一緒に。

    また覗かせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします☆

  3. DEさん

    DEさんでも聴いていないものがあるんですねぇ(笑)。なんでもカジってそうなのに。

    似たグループでStrokeってありましたけど
    http://diskunion.net/black/ct/detail/54C080910703
    Guinnのほうが格上です。
    兄弟グループといっても個性豊かでゴスペルチックなコーラスはありません。
    オススメします。

  4. Lisaさん

    はじめまして。書き込みありがとうございます。
    By All MeansはわたしがBlack Muisicに傾倒していく頃、リアルタイムで活動していた3人組でした。
    その中でもJimmy Varnerは自身のグループだけでなく、他の作品への提供も多く、しばらくBy All Meansの風が吹きまくっていた記憶があります。TempsやGene Riceなど都会のセンス(笑)を感じさせるアルバムばかりでしたね。
    最近ホントどうしてるんでしょうね。当時でもかなりメタボだったので、今は大変なことになっているのでは(体型かい(笑))。

    GuinnやChapter8、もう最高ですよね。あの頃、オトナがオトナの世界に憧れるといった、ジャケットや音楽性まですべてがかっこよく写っていたものです。現在ではそんな印象のグループなど皆無ですよね。寂しいものです。
    また覗きにきてください。よろしくです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中