Ray Simpson / Ray Simpson

 

Ashford & SimpsonのValerie Simpsonの弟”Ray Simpson”。
彼はその血統だけでなく、70年代にはY.M.C.A.やIn The NavyでおなじみのVillage Peopleのポリスマン役として活躍した素晴らしいコスプレ野郎(爆)なのである。
まあ、そんな話題はソウルファンならソウルバーなんぞで笑って語られることなのだが、ここは彼の残した素晴らしいソロ作品をマジで語りたい(笑)。
92年の作品であるこのアルバム、ブックオフで250円なんかで売られているが、内容は1,250円くらいで取引されてもおかしくないくらいだ(爆)。でも1,250円なら買うのは微妙かもしれない(笑)。
そんな葛藤はともかく、このアルバム#6 “I Believe In Love”、#7 “Storm”、#8 “Love Is Pleasure”の連なる3曲は最高のミディアムスローで、もうわたしなんぞは200回は繰り返し聞いていると思う。なんといいますか、全域で破綻のないクリアで伸びやか、しかも優しい喉を披露してくれる。またサウンドがジャズフィーリングで、まるで狭いホールで聴いているような臨場感も味わえる。

Ray Simpson / Love Is A Pleasure

広告

6 Replies to “Ray Simpson / Ray Simpson”

  1. いや良いシンガーで、いい曲ですね!正統派というか、こういう渋いの
    大好きですよ。今日近所のBook Offを探して無かったので、他で見つけて
    みたいと思います。良いシンガーのご紹介ありがとうございました。
    これからも楽しみ&勉強に拝見させていただきたいと思います。

  2. >9naさん

    なかなか華やかな過去を経験したひとのようです。
    でもまったく話題に上がらないひとなので、取り上げてみました。
    ブックオフの250円コーナーの常連ですから、根気よく探せば必ず出会えると思いますよ。

  3. こんにちは
    やっとこの盤を見つける事が出来ました。hirooさんご紹介ありがとうございました。やはり、レビューされている3曲が良いですね!しばらくハマりそうです。これからも楽しみに拝見させて頂きます。

  4. こんにちは~
    見つけることできたんですね。それはよかったです。
    隠れた名曲入ってますでしょう?
    誰も評価しないこんなアルバムも、ちゃんと聴くといいものなんです。
    そんなものを取り上げるにも、このブログの役割。これからもよろしくです。

  5. hirooさん
    本当にありがとうございます。隠れた名盤など、これからも楽しみに
    色々拝見させて頂きたいと思います。個人的には、正統派なソロシンガー
    のご紹介を楽しみにしています。話は、変わりますが最近出たBrian Mcknightのニューアルバムはどう思われますか?個人的に試聴してあまり
    ぱっと来なかったのですが、Black Musicリスナーのキャリアの長い
    hirooさんのご意見聞いてみたいです。

  6. 9naさん

    ソロアーティストはどちらかというと苦手なほうなんです(汗)
    グループやバンドのほうが好きなもんですから。

    Brian、わたしも試聴しました。おなじく、いまいちな印象でした。
    もうねぇ、過度な期待はしていないんですよ。
    Brianはファーストがすべてなんです、私的には。それ以上のアルバムがないんです。単発でいい曲があっても。
    本人もどんだけ頑張っても越えられないものがあるって、わかってるんでないかなぁ。。。時代背景もあるしね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中