Ozone / Jump On It

 

Michael Lovesmithがプロデュースした81年作。自らバンドの仲間入りし積極的に歌いまくるのはこのアルバムだけです。
OZONEはすべてマストですが、特にこのアルバムはMichaelの持ちそなえる陽気さと甘さが滲み出たいいアルバム。ファンク度的には後発のMichaelの絡まないSend ItやLi’l Suzyのほうが高いかもしれません。
その代りこちらのほうは万人が楽しめるソウルアルバムとして評価されておかしくない内容です。
A-1の表題曲、B-1 ”Mighty-Mighty”と明るいダンサーで実に気持ちいい。特にMighty-Mightyはピアノ、ホーン、ギターの融合が見事。
ウリのSweetな曲もA-3 ”Your Love Stays On My Mind “で押えらてれています。
Michael Lovesmithは同時期にLovesmithを発表しますが、ファンクは断然OZONEに軍配が上がりますね。

広告
カテゴリーFunk

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中