R.J.’s Latest Arrival / Hold On

R.J.’s Latest ArrivalのHold On。Harmonyというタイトルのアルバムに入ったエレクトロ・ファンクのShacklesはどうも好きになれないが、それをわざわざ焼き直ししている(笑)。それに追随するミネアポリス・ファンクがA面を占めるが、ちとついていけない。プリンスも聴かないひとなので、当然といえば当然。それに反してB面が素晴らしい内容なのである。
Garry Glennが製作したHeaven In Your Arms。このナンバーのイントロだけで、Garry Glennがつくったということがわかるくらい。味わい深いメロディに甘いDeDe Leittaの声が重なる名曲である。続くPast And FutureからHold Onにかけてのマッタリ感はなんともいえず、SOS Bandのスロウにも通じる洒脱感。

広告

2 thoughts on “R.J.’s Latest Arrival / Hold On

  1. DeDeのヴォーカルよかったですよねえ。
    Heaven In Your Armsポップですが、最高です。
    Hold Onのまったり感はやはりソウル・バーで聞きたいですな。
    実はA面もけっこう好きだったりします。

  2. B面はSOSというかMtumeに似ていますかね。まねてはないんでしょうけど、いい音つくってます。

    そっかぁ、アップもOKなんや。チャレンジャーですねぇ(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中