Ray Chew / Blue Crystal

 

Yogi Hortonらと組んでいたChewのリーダーRay Chew。Hushからインスト中心だが、なかなか捨てがたいアルバムを残してくれた。
Ashford SimpsonのValerie Simpsonをリードボーカルに迎えた震えるスロウFools Like Me、Gerald Alstonが熱唱するLove Walked Inの2曲が凄い。Kim Watersのアルトサックスもラストナンバーで聞ける。90年半ばでは幅広く本物のアーティストが活躍していることを思えば、今の陳腐なR&Bシーンが情けなくなる。

広告
Posted in R&B

6 thoughts on “Ray Chew / Blue Crystal

  1. Ray Chewのソロ作はこれしか知らないです。特に本人に思い入れがあるわけでなく、共演者で買った記憶が。
    Chewはグウェンガスリーの作品があったり、ユニットとしてはよかったのですが、強力なボーカリスト不在で印象が薄いバンドです。

  2. Ray Chewの盤、良さそうですね。自分もFusion Smooth Jazzも好きです。
    Gerald Alston参加なんか豪華ですね。聴いてみたくて、探してみたのですが
    今は廃盤?みたいですね!?中古屋さんで、探してみたいと思います。
    ご紹介ありがとうございました。

  3. このアルバムも簡単に見つかると思いますよ。Gerald Alstonが参加してることもあって、プチ話題になったもんです。

  4. hirooさん、お返事ありがとうございます。
    根気良くこのアルバムも探してみたいと、思います。
    Gerald Alston参加っていうのが気になります。
    自分はBoney JamesのRIDEというアルバムがJaheim Dave hollister
    参加で好きです。

    1. 必ず見つかると思いますよ。いざとなればAmazonもありますし。

      Boney Jamesって知りませんでした。Kenny Gのようなソプラノサックスなのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中