Ray Chew / Blue Crystal

 

Yogi Hortonらと組んでいたChewのリーダーRay Chew。Hushからインスト中心だが、なかなか捨てがたいアルバムを残してくれた。
Ashford SimpsonのValerie Simpsonをリードボーカルに迎えた震えるスロウFools Like Me、Gerald Alstonが熱唱するLove Walked Inの2曲が凄い。Kim Watersのアルトサックスもラストナンバーで聞ける。90年半ばでは幅広く本物のアーティストが活躍していることを思えば、今の陳腐なR&Bシーンが情けなくなる。

広告

Ray Chew / Blue Crystal」への6件のフィードバック

  1. Ray Chewのソロ作はこれしか知らないです。特に本人に思い入れがあるわけでなく、共演者で買った記憶が。
    Chewはグウェンガスリーの作品があったり、ユニットとしてはよかったのですが、強力なボーカリスト不在で印象が薄いバンドです。

  2. Ray Chewの盤、良さそうですね。自分もFusion Smooth Jazzも好きです。
    Gerald Alston参加なんか豪華ですね。聴いてみたくて、探してみたのですが
    今は廃盤?みたいですね!?中古屋さんで、探してみたいと思います。
    ご紹介ありがとうございました。

  3. このアルバムも簡単に見つかると思いますよ。Gerald Alstonが参加してることもあって、プチ話題になったもんです。

  4. hirooさん、お返事ありがとうございます。
    根気良くこのアルバムも探してみたいと、思います。
    Gerald Alston参加っていうのが気になります。
    自分はBoney JamesのRIDEというアルバムがJaheim Dave hollister
    参加で好きです。

    • 必ず見つかると思いますよ。いざとなればAmazonもありますし。

      Boney Jamesって知りませんでした。Kenny Gのようなソプラノサックスなのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中