Broomfield / Broomfield

 

Al Broomfield。Bloomfield兄弟の中で、Eugene Wildeの兄貴にあたるらしい。そう聴くと、当時のEugene Wildeより落ち着きのある顔立ちをしているな。声質もEugene Wildeより、幾分トーンが低い。でもEugeneのほうが表現力のある声を持っていると思う。
全曲、本人がプロデュース。Broomfiled兄弟ってのは皆それぞれ才能があるんですね。ソロで十分通じる。妹のDee Dee WildeやAudioのVincent Broomfieldのアルバムもほぼ自身と兄弟で製作してるし。

マイアミのVision Recordsというインディからにも関わらず、チープさ無縁でアダルトコンテンポラリーの神髄ここにあり。Vincentがサックスとバックボーカルで参加。なんとEugeneからはYAMAHA DX7を借りたようだ(笑)。美しき兄弟愛。

広告

Broomfield / Broomfield」への4件のフィードバック

  1. このアルバムいいですよねー。この人のボーカルはクールでちょっと気取った感じがありますが、対してEugeneは人懐っこさがありますね。

    BroomfieldファミリーのグループLa Voyageもいいですねー。

    • samnyさん

      けっこう好きだったアルバムです。再発になりましたが、またまた怪しげなブート臭い感じです。実際、インディレーベルとどうやって版権のやりとりやるのか不思議なんです。

      LaVoyage は未聴なんですが、よろしおま、ですか? CD売っていましたが、ものすごいジャケットのセンスですね(笑)

      • LaVoyageは個人的にかなり好きですよ。大空を舞うかのような爽やかダンサーの「Never Looking Back」はキレのいいホーン隊も素晴らしくて最高です。→http://www.youtube.com/watch?v=GaHI0qmhYj8

        アーバン・ミディアムの「R.B. Girl」、Dee Dee Wildeもしっとりとしたバージョンでやっていた「I Found You」のオリジナル・バージョン(こちらはかなりアッパーな仕上がり)なんかもイイです。

      • ご紹介ありがとうございます。
        なかなかいい感じですね~。この時代には定番のコスチューム姿もキマッっております。
        ジャケで判断してはいけませんね。
        Dee DeeのI Found Youは先にLa Voyageがやっていたんですね。これもマストなナンバーです。
        うーん、捻出しなければ…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中