Audio / Romantic

BroomfieldファミリーのVincent Broomfield。彼のワンマンバンド”Audio”。
ほう、マルチプレイヤーなのか。器用なひとなんですね。
Al Broomfieldのアルバムではサックスで参加していたが、ここではドラムプログラミング、キーボードまでプレイ。
もちろん、このアルバムでもジャイアンツ愛、違った、兄弟愛(笑)でDee Dee Wildeがボーカルとして参加している。
少々打ち込み感が際立ってはいるが、そんなに気にならない。それよりもこの声。かなりいい。
A-1 “I’m In Love For The Very First Time” の熱い節回しはEugeneを越えたか?

広告

Audio / Romantic」への4件のフィードバック

    • いまのところ唯一自慢のできる100円盤です(笑)
      最近CDも漁っているのですが、お買い得感のあるものにはあたらないですねぇ。運は簡単に転がってきません(笑)

  1. おっと、これ100円?。ありゃ、ずいぶん安かったねぇ~。
    もち、持ってるけど。
    下のBloomfieldも家にあるな。もう一枚出してなかったっけ?。

    • 情報によりますと
      『CERTAIN KINDS OF WEATHER』(’91)
      というアルバムを出しているようです。
      もち、持っていません(笑)
      レア盤らしいです。ということはまず買わない(買えない)と思います(爆)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中