Lorenzo / Lorenzo

92年、Lorenzo Smithの2nd。このアルバムからLorenzo名義に。
1stのニュージャック進化形といった案配。確かに”Real Love”のノリはハンパでなく、今でもチョーかっこいいと思う。
現在はどうだか定かではないが、Real Loveの12インチは1万円近いシロモノで人気皿だった。
このジャケットの「歌えるシンガー」そのもののスロウを期待しがちだが、スロウはなんと1stの焼き直しが3曲も後半に入っており、ファンを(オレか)がっかりさせたもんだった。
唯一救いは一段と黒さが増したドープなトラック、I Can’t Stand The Rainというスロウだろう。ただLorenzoというシンガー、野太い押しのある声ではないので、この手のトラックとの相性は佳作にしか写らない。そういった意味でも1stアルバムは私的に評価が高いんだな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中