Toshinobu Kubota / Timeless Fly

久保田利伸、通算12枚目(米盤・ベスト含まず)のオリジナルアルバム。リラックスしたナンバーが満載。本当の意味で日本でR&Bを初めてやりはじめた男の進化は、とてつもない域に達していました。
ここまで出来るひとは、日本では久保田以外まずいないでしょう。声とか楽曲とか、そんな細かなことに視点をあててU.S.R&Bと比べてどうだと語る次元はとうに過ぎています。
久保田利伸はデビュー当時から「オリジナリティ」を大切にしてきました。ソウルを模倣するだけではいけないと。本人も理解してたんでないかな。どうせ日本人、声は追いつかないんだから。
ニューヨークに行って、細かなFMのジャンル分けにも唖然。あえてR&Bに挑戦しても、「大変だよ」とアメリカンに窘められる。向こうはラジオが生活に密着してるからね。取り上げられて貰わないと、販拡には結びつかない。
でも、やりたいことを貫いてきた。Raphael SaadiqやAngie Stone達と自然にコラボでき、小さなギグで鍛えられ、ジャパニーズR&Bを極める。
当初から日本での日本語によるナンバーは、歌い続けてきた母国語をR&B、ファンクのリズムに自然と融合される。それがもうホントに自然体で。ワン&オンリーなひとだったな。

まずはSoul Mate~君がいるから~を聴いて欲しい。リフレインするストリングス、柔らかなリズムを刻むカッティングギター、揺らめくフェンダーローズ、豊潤でレイドバックされたサウンドは今の久保田にベストマッチだ。もう何度も何度も聴きたくなる。
元々、80’sファンクやスティービーに通じるモータウン系の音が得意とされてきた久保田だが、なんと嬉しいことにニュージャック!のキワモノAl B Sure!をネタでカバーした。Night And Dayをサンプリング、この打ち込み感、最高!硬質なスネアの打音と独特のコーラスにゾクゾクする。振り返って久しぶりに原曲のビデオクリップを見たが、懐かしのケミカルウォッシュのシーンズに涙した(爆)。しかし、この曲を取り上げるセンスにも脱帽だわ。
レコーディング時期にマイケルが亡くなったことが重なったようです。久保田自身もマイケルはアイドルだっただけにショックを隠しきれなかったよう。そんなマイケルに敬意を込めて唱ったStar LightはDon’t Stop Til You Get Enoughにも似たナンバー。ファルセットまでも駆使してリスペクト。

上記3曲はわたしのベスト。それ以外にも定番バラッド(特にThe Other Halfは超スウィート!!)から挑戦的なKrevaとのコラボまで、内容充実です。
Shake It Paradiseからもう24年、今でも一線で活躍できるパーフォーマンス、凄いひとです。私的にはNeptune以来、こんなに感激したのは久々かも。

広告

10 thoughts on “Toshinobu Kubota / Timeless Fly

  1. どもー。
    めちゃ売れだというニュースはないですね(汗
    実際Bonga Wangaのように好きにヤリ過ぎて売れないっていう、日本のリスナーの成熟されていないことを露呈したときがありましたし。
    売れる、売れないは内容だけでないんですもん。
    このアルバムは聞きやすい、いいアルバムだと思うんですけどね。

  2. こんばんは!ぶっちゃけ実は自分この人の曲あまり知らないんですけどこの人のトーク聞いてると面白いですよね。黒いアーティストの話題がたくさん出てきますよね!この人ナタリー・コールとかアリソン・ウィリアムスとデュエットしたみたいですけど凄いですよね。アメリカで活動していてコネクションもってるんですかね?まあ日本からがんばって欲しいところです。

    1. MURAさんは初期久保田は聞いてなかったのかな。そりゃ衝撃的でしたよ。あの時代に日本でR&Bをやっていたの限られていましたし。
      アメリカで活動する前から、海外のミュージシャンとレコーディングで一緒にやっていたので、自然とむこうの環境に溶け込めたんでしょう。

  3. Neptune以来の快作って言葉にビビッときてます。
    はよ、聴かなあきませんね。
    As Oneあたりも「さすが!」と驚嘆してましたので
    楽しみです。

    1. どもです!
      As Oneはレンタルやったんです(汗
      購入した日本盤の最後がNeptuneでした。えらい肩の力抜けたアルバムやなぁと感じたんです。
      その後はレンタルで(笑)
      そしてこのアルバムです。これはホントおすすめですわ。
      ezeeさんと話すと関西弁に戻りますわ(笑)

  4. こんばんは!この人の曲は”LA LA LA”とか昔みんなよくカラオケで歌ってた曲なら分かります。なんかの番組でR&Bに目覚めた頃スティービーの”I Wish”が好きだったと言ってました。自分も気分ありますけど”I Wish”はスティービーの中で上位に好きなのでおもしろい人だなぁと思います。

    1. ども~
      そうそう、ポップなヒットソングがあるだけに、ほんとにやりたいことってなんなの?って思った時代がありました。
      現在はかなり自分のやりたいようにやってると思うんですけどね。

  5. はじめまして~。結構ツボなアルバムの紹介が多かったので寄らせてもらいました!
    このアルバムええですよね。おっしゃるように、もう米国産R&Bと比較してどうだといった次元を超えてきてると思います。いい意味でリラックス感抜群でこの緩さが完全に吉と出てるなと感じました。

    1. はじめまして!書き込みありがとうございます。
      そうですね~、非常にリラックスした姿が思い浮かぶアルバムですよね。
      昔の久保田ならここまでゲストを呼ぶ、器というか、余裕もなかったんだと思います。初志貫徹というか。
      現在はプロデュース能力が増し、ゲストを呼んでも自分のスタイルが出せてますよね。
      musiqmusiqさんところにも遊びにいかせていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中