Danny Boy / It’s About Time

 

Death Rowに所属していた不遇の名シンガーDanny Boyのアルバムが発売されました。
知らぬ間にDeath RowはWIDE awakeという会社に買い取られていたんですね。現在過去音源の発掘が始まり、Danny Boyもリリースにいたったようです。
現在のDanny Boyの声ではなさそうですが、それでもDJ Quikを中心とした楽曲でのナンバーは逆に現在のR&Bシーンでは求め得ることが不可能かと思われ、とても貴重なアルバムリリースとなりました。
15曲中10曲はDJ Quik作品、それがまた素晴らしいのです。このひとは現代のファンカーでありながら、荒削りなところがなく、ミッド・スロウの艶めかしい楽曲にメロメロにさせられます。So In Loveから続く3曲は完璧です。
Devante作品も、Quikよりトークボックスを使用しており、驚かされました。トークボックスといえば5曲目には故Roger Troutmanをフューチャーしたナンバーもあり、これだけでも話題になりそうです。
これら楽曲に身を委ね、しっかり自分のものにし歌い上げるDanny Boy。甘い声質ながら、抑揚をつけたエモーショナルな歌声を何度も聞かせてくれます。これぞR&Bシンガーと唸ってしまいました。
myspaceを見ますと”Based On A True Story”というNew Albumがカミングスーンとなっていますが、既にだいぶ前から告知されているらしく、リリースは頓挫気味なのかもしれません。
是非、現在の声も聴いてみたいですね。

広告

Danny Boy / It’s About Time」への4件のフィードバック

    • DEさん
      まだ音源ありそうですよ。予想ですけど。
      2Pacの時もどんだけ貯めてたんだと思うほど、掘り起こされたし。
      過去音源だけでもしばらく食っていけたりして(笑)

  1. DJ Quickの音も好きなので欲しくなってきました。聞いたことない音源なら今でもかなり新鮮に楽しめそうですね。

    今の会社になってからの発掘モノではDr. DreのChronic Re-Litというのは買いましたがオリジナルを持っていても楽しめました。。

    • garahebiさん

      発掘シリーズは続きそうですね。なぜか古臭さを感じさせないのが、さすがQuikの仕事っぷりです。
      シャウトするようなシンガーではないですが、非常に丁寧に歌いこむ姿が目に浮かびます。YouTubeでも何点かライブ模様がありましたが、普通にうまい歌いっぷりでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中