Alton Wokie Stewart / All Our Love

 

Freddie Jacksonなんぞを聴いていた時に、地味に現れたAlton Wokie Stewart。このひとは一発屋なんでしょうか。調べてみますと、自身のアルバムはこれだけのようですが、その後は裏方にまわり製作とキーボディストに徹したようですね。
Keith Sweat / Keep It Comin’やSilk / Lose Controlなどにもクレジットを見かけます。

歌えそうな面構えですが、飛び抜けてソウルフルではありません。しかし、けっこう身のこなしが軽く、ニュージャックもそつなくこなします。スロウよりアップのほうが、味が出せてるかな。
ハウスっぽいビートながら、抜群のノリがNYサウンドの進化系ともいえるYou’re The One。SherrickやCurtis Hairstonのアップにも通じます。
もう少しデビューが早ければ、確実に化けていた可能性があるシンガーです。

広告

Alton Wokie Stewart / All Our Love」への8件のフィードバック

  1. 裏方として名を馳せる Alton Stewart ですが、なんと Lorena “Lungs” (Klymaxx のリードボーカル)と結婚していたんですね!
    つい先日知りました。
    それだけです。
    失礼しました。(退散)

    追:モロ「裏方」の人だと思っていたので、アルバムがあるとは知りませんでした。
    さすがhirooさん。

    • まいどです。Alton Stewartくらいの時代になっても、としちゃんの範疇?
      アルバム通して聴いてみると、あなたこんなことせんでええよ、と突っ込みたくなるニュージャックがあるんですよね。オーソドックスなNY系のファンクが似合いそうなひとです。Klymaxxのひとと結婚したんだ。職場結婚ですかね(笑)

      そうだ、Wynd Chymes再発されるね~。まさかだけど。あれ原盤高かったんよ。チョー欲しくって思い切って買ったのに、この現状(笑)

      • > としちゃんの範疇?
        もちろんですよ~。
        Timmy Gatling 絡みに始まり、NE一派、Silk + Keith Sweat 絡み、そしてなんつっても Jade と Klymaxx でその名前は記憶されています。
        「これ」といった特徴は無いですが、「キーマン」的臭いが香り立つ人でした。
        ちょいとアルバムも聴いてみたくなりました。

      • お返事遅くなりました。

        うーむ、さすがに裏方を把握したうえで、音楽を嗜む、その姿勢に感服です。
        わても、どっちというと、どういうミュージシャンを使い、誰がプロデュースするという基本的な背景が必ず知りたいひとなんです。おわかりかと思いますが。

        本人のデビューが85年くらいなら、もっといいダンサーを聴かせてくれただろうなと残念でなりません。

  2. hirooさん、毎度遅くのこんばんはでございます😆🎵

    “良い一日の始まりはNJS聴きから🙋🎵”で自らを揺り動かしている昨今の私でありますが、この”とっつぁん坊や”顔😁なAltonさんの唯一作…いきなり”Kick It !!”の掛け声からカッコいいNJS の世界に入り込める、大好きな一枚です😋👍🎵

    顔に似合わず!?黒妖気が漂うジャケットしかり、アルバム全編にわたる独特なムード…何とも素晴らしくて…定期継続リピート常習者と化してしまいます🙆🎵

    ベタなエロムード溢れるスローでも、曲調をじわじわと盛り上げる語り&歌い回しも、顔に似合わず!?な奮闘ぶりでなかなかの曲者!!
    「おぬしはワルな男やのぉ~」をさらりと演出してくれて好感度大です😋👌🎵

    “You Are The One “での軽快な身のこなしは、異彩を放った最高のダンサーで、やはりお気に入りです😃👍🎵

    同時期にProduce参加で尽力・貢献済みである Christopher Williams(イケメンとっつぁん声😁👍) の1st を合わせてドーピング聴きする!!
    これが堪らないのですョー😆✌🎵

    今や二人とも”本物のとっつあん”でありますが…無理を承知で新作を出してほしいですー🙏🎵

    • Ura-kenさん

      お久しぶりです。ちょっとバタバタでお返事遅くなりました。

      Alton Wokie Stewart、喉はいいものを持ってますよね。まずこんな声は白人ではだせませんし。
      根本的に野太いので、まさにブラックといった押しのある声です。そうCristopher Williamsにも通じますね。
      最近、こういう声のひとはウケないのでしょうか。まったく見あたりません。ソウル、ってどこに行ってしまったんでしょうね。寂しいものがあります。

      本文にも書きましたが、Alton Wokie StewartのYou’re The Oneが好きなんです。これこそがスペシャルダンサーかと思うのですが。84年くらいのNYサウンドを継承してるんですよね。

      昨日から晴れ間ものぞく天気ですが、まだまだ鬱陶しい台風の季節、どうぞご自愛ください。

      • hirooさん、お久しぶりのこんばんはです😃✋🎵

        「秋梅雨!?」って気候ではありますが、お互いにご自愛専一で乗り切って行きましょう😋👍

        “とっつあんぼうや顔”なAlton さん…Produce も含めて実力を出し切っているのが私的には大好きなんですョ😆👍🎵それ故の唯一作となってしまったのが残念ですが😢
        (神様Sherrickの聴者道連れ昇天歌唱!!!の魅力とは別ベクトルの、歌えるちょいワルエロおやじぶりが堪らない魅力ですネ😉👌🎵)

        Timmy Gatling 絡みのNJS 2曲が(“Headache “は大袈裟ワル乗り!?で文字通りの”頭痛”ソング😁🎵)ワルの演出に一役買っていますが、残りの楽曲陣は何ともメロディアスな仕上がりですよね~🙆🎵

        魅惑のProduce Unit 、 Allen George & Fred McFarlane のNY サウンドですか😆👍!!

        じっくりと掘り下げて聴いてみようと思います😃👍🎵

        P. S. hiroo さんの新たな門出に、乾杯🙋🍻
          応援してますョ!!😃👏🎵

  3. Ura-kenさん
    こんばんは。
    そのSherrickといい、この時代、いや90年代までは昇天するボーカリストの多かったこと。
    それ以降、どうなんでしょう。特に追いかけるひとも少なくなってるような。現代では皆無であります。
    なぜに本格派のボーカリストが市場で敬遠されるのか・・・もう腹立たしいものがありますね。
    唯一、Johnny GillやEric Benetあたりが頑張ってはいますが、90年代の方ですしね。

    すみません、私事で。
    いろいろあります、ね、人生。
    挑戦しようと思うときに、立ち止まったらダメと思いました。
    振り返ることはもっと先でいいかなと。ただただ進むのみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中