Mint Condition / From The Mint Factory

Mint Conditionの代表アルバム。
93年といえば90’s R&B全盛期。グループものも多々リリースされたが、バンドとして活躍していたのはこのMint Conditionくらいか。
ちょうどニュージャックがこなれてきた頃なので、バンドとしての味は出しやすくなる頃。といってもMean To Be Mintでもやりたいことやってたけど。
セルフ・コンテインド・グループしての面目躍如、このアルバムは#5 Someone To Loveからが素晴らしい。もう目の前でやってくれてるかのライブ感。
ストークリーが素のまま唱う姿が思い浮かぶ。
Executive ProducerにはもちろんJimmy Jam & Terry Lewisのクレジットが刻まれているが、ほとんど関わってないんやないかな。
U Send Me Swingin’のスウィート・マナーのあるナンバーは、80年代初期のCameoのような狂おしい雰囲気に満ち溢れている。

広告

2 thoughts on “Mint Condition / From The Mint Factory

  1. こんばんわ!ミント大好きです!ところでケリー・ルイスはトニーと別れてから何してんですかね?戻ったらいいのに・・・できないかな?

    1. ケリー・ルイスはまだメンバーに戻っていないようですね。なぜ脱退したのかも知りませんが。
      ミントは貴重なバンドですよね。もう少しファンク色を強めたらもっといいのになと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中