Gerald Albright / Bermuda Nights

 

Gerald Albrightの2作目はキーボーディストのChuckii Bookerと製作された重要作。
タイトルナンバーは同じ裏方業で、この後とてつもなく多くセッションを組むPaul Jackson Jr.をギターに迎えている。
このタイトルナンバーは現在でもライブのピークで使用される名曲で、このナンバーでは副業でもあるBassも担当している。
Chuckiiとの共作The Hookでは、ハネ感のあるチャッキー独特のスネアがタイト。アルブライトも味付けにフルートを吹き、気持ちいいアップナンバーになっている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中