Steven Dante / Find Out

 

The TimeのメンバーでFlyte Tymeに所属していたMonte MoirとDJ Jellybeanが製作したSteven Dante。英国産R&B。
Jam&Lewisの音が好きな方にはマストバイか。
ただJellybeanが作る音がハウス寄りのデジタルファンクなので、聴いてて辛くなる時がほとんど。しかしながらMonte Moirが素晴らしい仕事っぷりで、まさにJam&Lewisがくりだすアレなのである。そのアレとは聴いていただくしかないが、初期Alexander O’Nealを思い浮かべていただければと。
Love Followsの格好良さは筆舌に尽くしがたい。もう何度きいたことやろ。Steven Danteの喉には艶があり、少々タメを効かしながら歌い上げる姿に、ゾクッとさせられる。
CandyとIt’s Only LoveはSOS BandやAlexを通り過ぎたひとにはたまらんやろ。
同じ英国産でFlyte Timeが絡んだアーティスト、Lance Ellingtonにも似た趣がある。

広告

Steven Dante / Find Out」への6件のフィードバック

  1. おぉ、このアルバム先日フラッシュディスクランチでLPで購入したので、近々ブログで取り上げようと思っていたんですよー。

    • まいどです!
      samnyさんなら、普通にチェックしてるお皿かと思っていました。やはり!
      これ、アルバムの半分くらいキツくないっすか?(笑)
      でも数曲ですがすんばらしい出来ですよね。昔のファンクバンドのアルバムが2~3曲しかいいのがないという定石で慣れているで、あまりガッカリしませんでした(笑)

      • >アルバムの半分くらいキツくないっすか?

        確かに(笑)。LPのB面、CDだとLOVE FOLLOWS以降がいいですよね。

      • samnyさん

        であっても、1曲1曲の際立ち方が素晴らしいですね。
        わかるひとはわかる、そんなアーティストです。プロデューサーによってはもっと化けたかも。

  2. デヴィッド・シルビアンがリーダーだったイギリスのバンド、JAPANのラスト・スタジオアルバム、「ブリキの太鼓」に収録の曲、「ゴウスツ」のカヴァーが収録されている盤ですよねコレ。その一曲のために渋谷CISCOでアナログを購入しました。

    • GONKさん

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      カバーだったんですね、あの曲。
      マーカスミラープロデュースでオリジナルとばかり思っていました。この曲もいいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中