Kloud 9 / Enjoy The Ride

 

Soulbar OhioでEverything Is Good 2niteというアルバムを聴かせていただいてから、すっかりファンになってしまったKloud 9。コンゴスの中では洗練系なんだろうか、スムースダンサーが異常に気持ちいい。
コンゴスというカテゴライズされてる向きにはあまり抵抗感がないが、積極的には聴かないカテゴリー。昔はやたらジーザス!って出てきてなんだか違うぞーって思ったもんやけど。最近はR&Bとの垣根はあまりなくなってきてるんかな。まったく聴いてて違和感がない。と思ったらレーベル見たらUKのExpansionからやん。そりゃ頷ける。

このアルバムはEnjoy The Rideというタイトル。ジャケットから、どうみても歌える面構えのふたり。しかし、ディープにそして天を仰ぐように歌い上げるのかと思いきや、ウィスパーズボイスで滑らかとくる。ちと気持ち良すぎるくらいな柔らかなタッチのダンサーが1曲目からラストまでずっと続く。おっさんになったら、どファンクよりこれくらいのが体に馴染むんよな(笑)。
5曲目くらいからアイズレー・マナーな歌唱法も手伝ってよりトロケてしまう。8曲目Can’t Hold This Loveなんぞ腰が浮ついて座って聴けない。R&Bファンマスト盤。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中