V.A. / BOOGIE TIMES PRESENTS THE GREAT COLLECTORS FUNKY MUSIC VOL.15

 

どんだけシングルだけリリースしたアーティストがいたんやろか。アルバム製作できる予算もなかったんやろうけど、こんだけグレードが高けりゃアルバム出しゃあけっこう売れるやなかろうかと思わせるナンバーばかり。

またまたD.U.さんによると(笑)、1曲目Brenda Taylor / You Can’t Have Your Cake & Eat It Too(なんちゅう曲名や)は幻のオリジナル音源らしい。どんだけ凄いんやとスピーカーに前のめりになって聴いたけど、ピンとこなかった(笑)。聴いてみないとわからないもんや。
ニューヨーク・サウンドではコアなファンに超人気なPLAISIR / Visa Pour Aimerが5曲目に挿入されていた。これは買い。素晴らしいナンバーやと思う。続いてUKものかと思うINTRIGUE / No Turning Backが6曲目に。これはBB&QのOn The Beatを思いこさせるギターフレーズやメロディまんまで微笑んでしまう。
嬉しかったのがVan Jonesの1986年リリースのメロウダンサーFinger Lickin’ Goodが挿入されていたこと。これをデジタル音源で綺麗に聞けるように仕事したBoogie Times、さすがやと思った。

広告
カテゴリーFunk

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中