Earth,Wind & Fire / Spirit

 

「うちは自らアースかけないんですけど」
そんなソウルバーもあった。超有名曲をリクエストされ、それを営業的にプレイしないといけないという辛さ。わかる部分もある。
だいたいの一般客、それはソウルやR&Bを日常的に聞いていないひとにとって、アース=セプテンバー、てな固定感とそれしか知らないという両面しかない。
営業用にアースのアルバムをストックしても、通常はかからないというのは寂しくもある。
更に、コアなソウルファンから「アースなんて」
てな穿った見方をする風潮も少なからずあるのも事実。これも残念なこと。

アースは普通に凄いバンドであり、アルバムトータルで聞いたときの満足感は、他のファンクバンドを寄せ付けないものがある。
たとえばこの「SPIRIT」、わたしの一番大好きなアースのアルバムだが、リリース時期は76年。絶頂期である。
このアルバムからご存知、”Getaway”が生まれている。素晴らしいナンバーだが、それ以外のナンバーもミラクルで、整合性、音の厚み、そしてこの時代だからこそのナチュラルな楽曲の暖かさなどが満喫できる。フィリップベイリーの声も一番ハリのある頃ではなかろうか。

BlackstreetがLEVELIIのオープニングでそのまま使用した、オーケストラのふくよかなフレーズが素敵な”Earth,Wind & Fire”というナンバーもこのアルバムからだ。
あらゆるアーティストに影響を与えたアース、わたしもすべてを聞いたわけではないので、大きなことは言えないが、彼らなくして80年代のファンクバンドはなかったと思う。

広告

Earth,Wind & Fire / Spirit」への8件のフィードバック

  1. たしかにSeptemberはポップすぎるかもしれませんね。
    私はリアルタイムで最初に聞いたのがBoogie Wonderlandなんで、
    あれがアースだと思ってたし、I Amが一番好きですが、
    その後のFacesも素晴らしいし、All’N Allとか、売れた売れないに限らず
    素晴らしいアルバム多数ありますよね。
    あんなにすごいバンドを全くかけないってのももったいない。
    なんでもバランスよくかけてくれるソウルバーにまた行きたいです。

    • DEさん

      わたしはアルバム通して聞き出したのはもっと遅くからので、当時のことはまったく記憶にないです。ただ、ブラック、ポップスの垣根なく売れていたのは記憶にありますね。レンタルレコードを借りたのはRAISE!だったかな。テレビに映る姿を見て、ようけおるな~9人でしたっけ、なんか満腹感が先に来たような記憶があります(笑)

  2. EW&Fは、AOR、SSW系の目から、見るとすごく興味深いですよ。

    Boggie Wonderlandは、元Fifth Avenue BandのJon Lind作曲、Feelin’ BlueもまたそのFifth Avenue BandのメンバーのKenny Altmanの作。
    After Love Is Goneは、AORファンには、あまりにも有名なソングライター陣だし。
    Allee WillisのプロモーションのLPには、そのJon Lindの歌うBoogie Wonderlandが収録されてますよ。のちにNativeのアルバムでも演ってますが。

    ほとんどEW&Fという感じのRamsey LewisのSun GoddessもJon Lindの作だったんじゃないかな。

    Ren Woodsのアルバムも、EW&F、Jon Lindがらみでしたね。

    • Masatoさん

      興味深いコメントありがとうございます。
      After Love Is Goneはデビッドフォスターというのを知っていましたが、あとはさっぱりでした(汗)
      意外と外部に頼ったナンバーも多いんですね。でも、その懐の深さが成功に結びついてるのだと思いました。
      AOR・・・たしかに聞きやすい、馴染めるメロディがあって好きですね。
      まだ知らないナンバーがたくさんあるので、聴いてみたいと思います。

  3. 自分が死んだ時に棺桶に一枚だけレコードを入れてもらうとしたら、

    絶対にSeptemberの日本盤7インチですね。

    これにはホントお世話になってますからねー。

    自分のDJ人生の中でダントツに重要な曲です。

    今までこれでもか、っていうくらいかけましたし、

    これからもこれでもか、ってくらいかけるでしょう。

    最高の1曲です。

    • samnyさん

      わたしが過去、好きな女性と初めて踊ったナンバーがセプテンバーであり(笑)、あきらかに白人と違ったバイブを最初に感じたのものセプテンバーであり、どれだけ耳に流れ過ぎようとも、メジャー過ぎても、唯一無比なナンバーには変わりありません。アース万歳なナンバーですよね。

  4. こんばんわ!この頃のアースってこの当時相当勢いあったんでしょね、聴いていて感じます。アースはわりとチョコチョコ聴いてるんですけど自分最近はデビュー頃が何かファンク色濃い感じでカッコイイなぁとか思ってたんですよね、まあ全盛期に比べたら若干地味なかんじですけど。ただやっぱりアースは素晴らしいです!大好きです!

    • MURAさん

      初期のファンクもいいですよね~。どの時代もアースって聴けばすぐわかりますよね。しばらく聞き直していきたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中