Slique / Rhythm & Ghetto Soul

発売されて2年経つでしょうか。”Slique” aka James Adamsのアルバムです。
90年代好きの方なら元Entrougeのメンバーであったということで、一目置かれたのでは?
Entrougeでは圧倒されるコーラスに歌唱力、そんな印象でしたがソロになってどうか。

わたしのはEMIからのワールドリリース盤。なんと日本編集盤があり、内容は一部違うようです。
いやいや、曲数は多めで若干重たさはあるものの、かなりディープにソウルしていました。シカゴステッパーズから、ディープソウル、そして現代R&Bまで幅広くこなしていますが、少し器用過ぎてアルバムとしてのカラーは若干散漫かもしれません。
でも、1曲1曲の完成度は半端じゃないですよ。
R.Kellyのようなステッパーズを思い起こさせるYour Body、ピアノソウルマンJohn Legendばりにシンプルで震撼するようなソウルナンバーGlow、イントロのエレピの艶めかしさにクラッとしながら、深みにはまっていくスウィートなナンバーYour Secret Placeなど、どれも素晴らしい。Sliqueは相当なシンガーで、Johnny GillやLevertのように吠えまくるタイプです。
ヒリヒリと体に浸みるようなボーカルは、この夏の日照りのように強烈です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中