Chris Walker / First Time

オーネット・コールマン(ジャズミュージシャン)のバンドでベーシストを務めていたプロ・ミュージシャン。
初めてこのアルバムを手にとった時、髭を蓄えてるもののその可愛い笑顔から、実績を伴ったミュージシャンであるとは思いもよらなかった。本業のベースだけでなく、ボーカリストとしても相当なものを持っている。
伸びやかで透明感のある声は、アップではフレッシュに写り、スロウでは老獪に変貌する。
自身の制作するナンバーもいいが、このアルバムはNick Martinelliがいい仕事をしており、ヒットナンバーであるTake TimeやGive You All My LoveはNickのナンバー。
嬉しいことに新作がこの8月末にリリースされる。

広告
Posted in R&B

2 thoughts on “Chris Walker / First Time

  1. こんばんわ!何て偶然なんでしょう!話し合わせるとかじゃなくて本当今日聴いてました、まあこの人はこれまでヘビーに聴いてきたわけじゃないんですがいい気分にはさせてくれますよね、確実うまいし意外と歌いっぷり堂々としてますよね、ただいつも思うのがGlenn Jones聴いてるみたいに思うってしまうんですよね、曲の感じは全然ちがうんですけど、ただ新譜でるなら買っちゃいます!

    1. ベーシストとしてのデビューは早かったんですね。このソロでも若そうですが、オトナな声を披露してくれています。
      確かにGlenn Jonesにも似ていますね。比べるとGlennのほうがもっと歌えますが。
      新譜はわたしも楽しみにしています。あと1週間ほどかな・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中