Calloway / Let’s get smooth

大阪にいた時、よく心斎橋のTowerと梅田のHMV、そして阪神百貨店のBreezeにCDを買いにいってた。もちろん営業の次いでだ(笑)
その当時、新譜の品揃えはTowerが早かったように思える。今はAmazonでしょうか(笑)
リテイルショップはストックを持ってやらないといけないので、自ずとセレクトして仕入れるわけであって、品番の多いCDはやりにくいでしょうね。
バイヤーのセレクト意識が強いショップは面白い、そんな時代は遠い昔ですかね。

さて、きょうはCalloway。これは心斎橋のTowerで買ったと思う。Towerは品揃えは良かったんやけど、バイヤーのひとことコメントなんて全くなかったので、買う方がある程度認識して選ばないといった感がありましたな。

2作目なんですが、今リストを見ると、曲数大過ぎ!Interlude含めて17曲って。アルバム単位で聴くときって12曲くらいが適当やと思う。
やはり散漫な印象なんですが、このひと達、Midnight Starの時代が全盛期なので、92年という時代からの凋落か、ファンクネスは陰を潜め、逆にバラッドが良かったりする。1stでも甘ったるいバラッドで聴かせてくれたが、このアルバムでもGerald Albrightが珍しくソプラノサックスを吹くI Desire You、まったりスロウFeel Like A Woman、イントロが素晴らしいSet The Tableと珠玉なスロウが後半に散りばめられている。

この後、Reggie Callowayがソロ作を出すが、ふたりの活動はここまで。バラッド中心でいいので復活して欲しいふたりである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。