Boyz II Men / Twenty

体力下降気味。10月から年末まで、余裕なし。CDは自宅に到着するも平日は未開封w。そんな自分のうわごとタラタラ書いても、読んでくださる方はおもろないやろしやめとこ。
だいたいレビュー中心の記事は、集中して音聴かないと書けないこと多いし、さわりだけ聴いての感想は薄っぺらいものになりがち。音を楽しむ時間を早くつくりたい。

このBoyz II MenのTwentyも先月には届いてたんやけど、今、ちゃんと聴いてみた。
情報どおりのビッグプロデューサー集結。しばらくしょうもない日本企画盤やカバー集でお茶を濁していたような活動やったけど、今回は結成20周年とあって本気が伝わる。ただ、日本盤はEXILEのATSUSHIをフューチャーしたボートラ付ということで、アルバムの世界観を台無しにしてるので、海外盤をすすめる。

Teddy Riley作が冒頭に。最近、ロッキッシュというか、Lady Gagaや少女時代wのナンバー制作にもみられるようにR&B度低めな楽曲に。尖ってるとは思うが、私的にはあまり好きではない。メンバーにとっては久しぶりなので挑戦的なことをやりたいというところやろうけど。グループの成り立ちにそぐわないような気がする。それよりも、Tim & MobのSo Amazing、BabyfaceのI Shoulda Lied等のメロディラインがホロリとさせられる美しい楽曲に絶妙にマッチするのが彼らやと思う。Disc1には肝心はJam&Lewis作はなかったのでエッとなったが、彼らの代表曲の焼き直し盤であるDisc2のラストに”Not Like You”というナンバーが”Bonus New Classic”という名目で鎮座していた。これは「今までのヒットナンバーに続いてこれもマスターピースになるんだ」って、メンバーが、Babyfaceに次いで支えてきてくれたプロデューサーふたりへの賛辞ともいえる構成に、あえてしたんやと思う。

広告

Boyz II Men / Twenty」への4件のフィードバック

  1. でしょでしょでしょーーーーっ!
    やっぱり童顔氏の3曲だよね、うんうん。
    よかった、賛同してくれる人がいて。

    リリースラッシュと繁盛期が一度に来たってかんじかしら。
    不思議なもので、そういうのって重なるのよね。
    ヒマなときほど、興味をそそられる新譜もないっていうか・・・
    実はワタシもまだDisc2聴いてなかったりするし(笑)

    気ぜわしい日々ですが、急に寒くなったので風邪などひかぬよう。

    • ne4eさん:
      こにちわ!
      童顔氏3曲?わてはすべてがいいとはいっちょりません(笑
      まだ本調子までは戻っていなんではないでしょうか。なーんかメロディがしっくりこないところがあるんです。
      ぼちぼち調子あげてもらって、自身作にも手をつけてほしいですね。
      12月末まで、ほんと忙しくて・・・新譜も半分ほどしかしっかり聴いていません。
      風邪ひいっちゃったんですよ、それが。今回は長引いてます。ne4eさんも気をつけてください。

  2. こんばんわ!今までにJam&LewisとTeddy Rileyがこの人達に関わったことってありましたっけ?4枚目あたりあったかな?自分的に1,2stがバカ売れでしたが3rdがやや黒くて好きでした、今回は久々期待できそうです!

    • MURAさん:
      こんちわ!
      jam&lewisはもちろん関わってましたけど、Teddyはどうなんでしょう。ナンバーが思い出せません。ないのかな。
      確かに今回のはいいアルバムですが、飛び抜けていいナンバーがないような気がします。どれだけ大プロデューサー呼んだといっても、全盛時から時は経っていますし。
      disc2の焼き直し作がなかなかいいですよ。円熟の極みといったところでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中