Kenny G / G Force

Kenny G(爆)
メジャー過ぎるサックス奏者。Jeff LorberやKashifのバックで吹いてたのは80年くらい。初期はブラックミュージックフィールド寄りに活動していたようだ。有名になってからはJohnny Gill のMy My Myで吹いていたのが記憶に新しい。
Gerald Albrightのようにブロウしまくりというスタイルではなく、どちらかというとソプラノサックスを使い、美しいメロディで優しく奏でるスタイルがウリ。
このG Force(83年作)はKashifのプロデュースで軽快なナンバーが多い。ボーカル入りナンバーもあり、構成はNY系のファンクが好きな方の琴線にも触れるだろう。ボーカル入りの”Hi, How Ya Doin?”、NY系の洗練ファンクのようなリズムの”I’ve Been Missin’ You”、Kashifの1st”Help Yourself To My Love”のカバーなど、聞き所満載。

広告

2 Replies to “Kenny G / G Force”

  1. 私はタイトル曲が好きだす。
    いいですよねえ、このアルバム。
    当時R&Bのチャートでもヒットしていましたよ。

    1. DEさん:
      当時のKenny G知ってたんですか。しっかりチェックしてたんですね。
      俺初めてkenny GきいたのBreathlessですよw 92年くらいやないかな。
      後にこんなファンクよりのアルバムやってたんやと知ったんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中