The Unifics / Return

ジメジメ嫌な季節到来ですね。梅雨時期は何が困るといえば洗濯ですw それに尽きる。
カラッとした乾き切った空気に干したいもんですが、部屋干し・・・こんなの洗濯した気になりません。なかなか乾かないし。

きょうはUnifics。といってもソウルファンご存知の60年代のアルバム”Court Of Love”ではなくReturnと名付けた2005年の復活作です。
Al Johnsonがリードボーカル。Al JohnsonといえばPeaceful,Back For Moreのソロ作、そして我がTerry HuffのThe Lonely Oneをプロデュースしたお方。
Terry Huffに関しては究極の甘茶皿なので、また別の機会に取り上げましょう。

復活作て、予算の問題や各メンバーの加齢でパワーダウン化しがちですが、これはなかなかの傑作。若造にはマネにできない豊潤な喉、重なる美しいコーラスがふんだんに聴けます。
Any One Can Tell YouやMy One And Onlyで聴けるスウィートなナンバーはワイン片手に聴きたいし、ミッドのA Lifetime And A Halfも心躍らせる。どれも素晴らしかったですが、BeatlesのSomethingのカバーは別にいらなかったかな。これ演歌になっとるw
こういう正統派グループを聴くと、今のR&Bはどうしようもない方向にいっていると再認識させられる。

広告

The Unifics / Return」への4件のフィードバック

  1. Al Johnson、私の一番好きなプロデューサかもしれません。
    今日はUnificsを聴きながら寝ることにします(^^)。

    • やまねさん

      まいどです。
      おーっとシブいところがお好みだったですね~
      Al Johnsonって何気にプロデュース活動多いですもんね。昨晩、Manhattansのしばらく前のアルバム聴いてたら、それもAl Johnsonやった。
      そろそろHP復活?・・・お願いします!www

  2. ものすごく落ち着きますね~~ええ曲やぁ~。。。 こういう曲聴いてると梅雨のジメジメも「しっとりムード」という捉え方が出来そうです・・・は~ええ曲。。ではでは~^^/

    • T.Oさん
      こんばんは!
      >しっとりムード
      ほんまですね~。ソウルちゅうのはしっとりした憂いのあるもんが多いですわ。梅雨のジメジメとは似て非なるもんですな~www
      こんなに湿度が高いと、涼しげなもんとか(ソウルではあまりないw)とかカラッとしたもんが聴きたくなりますね。
      今晩、初めてエアコンかけました・・・うー涼しっwww

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中