Carl Anderson / Protocol

ジャズ・フュージョン畑のひとだとしか知らなかったCarl Anderson。だって初めて聴いたアルバムはFantasy Hotelやったもん。
80年代にはちゃんとソウルしてたんですねw

85年のProtocolはAl McKayとPatrick Hendersonが制作。
その両人が関わってるだけでも約束されたものがあるが、わてはGary Taylorが提供した”Let’s Talk”にピクっときましたぜ。
スラップベースがしたたかにうねり、85年らしい洗練されたシンセ音でビシッとキメるクールファンク。かっこええわ。
85年にはもう一枚出してたかなぁ、それも買わないと。

広告

Carl Anderson / Protocol」への2件のフィードバック

  1. AORな感じであまり黒くないってイメージですものねえ。そんなかっちょいいのもあるんですね。

    • DEさん:
      80年代前期のアルバムは、ファンクというよりダンサーものにいいナンバーが多いようです。
      このLet’s TalkはStudio530さんがピックされてました。目のつけどころがさすがです。
      90年代は逆にダメですねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中