Mike and Brenda Sutton / Don’t Hold Back

新宿のTower Recordがリニュアルになって、もうしばらく経つが、非常に編集能力を感じるのでここで賛辞をおくりたい。
CDの物販店など、どんどんジリ貧になっているのは世の常。ネットでほとんどのものが購入できる時代だからこそ、客に訴えかけるサムシングニューが必要です。
それが出来てる店は、同じ価格か若干高くてもであればそこで買いたくなる。
SOUL R&Bコーナーの充実ぶりは目を見張ります。ガラージ、レアグルーブ、フィリー再発、FTG関連ものなど、細かくレイアウトをとって、カテゴライズ。ようは、アルファベット順にただ単に並べてるのではなく、客の趣味嗜好にフッと入ってくるレイアウトがいい。

そこで見かけたMike and Brenda Sutton。これは買い逃していたので、スッと手にとった。いや、これ未だ売ってたんだ~という驚きもあった。P-VINEの限定盤やと思っていたので。
裏アッシュフォード&シンプソンと比喩されて取り上げることが多いのは、その夫婦デュオというユニットからくるものやろうけど、少しばかりNYよりのサウンドが、とても心踊らされる。シェリル・リンのShake It Up Tonightの原曲といわれる”We’ll Make It”の素晴らしさは、文字で書いても伝わらない。とにかく大音量で踊りながら聴いていただくしかない(笑)、傑作である。
このCDにはそのシングルバージョンと、イントロから誘惑してくるグレイトミッドDon’t Hold Backの12インチバージョンがボートラに収められるお得盤。
アルバム紹介は尊敬するブロガー、ezeeさんsamnyさんのお二方がとっくの前に取り上げておりましたw

広告

Mike and Brenda Sutton / Don’t Hold Back」への3件のフィードバック

  1. TBありがとうございます!
    このアルバムは最高ですね。特にWe’ll Make Itは出色の出来であります。
    Shake It Up Tonightよりも上品な感じがいいですね。
    ちなみにこのWe’ll Make It、PEGGY SCOTT & JOJO BENSONが1984年のアルバムで
    カバーしておりまして、なかなかグッドな仕上がりになっておりますが、やはりオリジナルの素晴らしさには敵いません。

  2. samnyさん:
    TBしまくって申し訳ございません(笑)

    >上品な感じ

    おそらくシェリル・リンのこぶしのある歌い方にも問題があるのではないでしょうか(笑)

    >Peggy Scott

    やはりいい曲はカバーされますよね~。カバーのほうがいいっていうのは、なかなかないですよね。
    甲乙つけがたいカバーはたくさんあるのになぁ・・・

  3. ピンバック: The Suttons / So Good | Smooth Jam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中