フランスから本物のソウルシンガー誕生。Leon Showmanです。

olskooljamさんのブログ”The Show Must Go On”でご紹介。マジ気になりYouTubeでチェック。
こりゃ、ヤバいシンガーが出てきたもんだわと即オーダーかけました。
今のところ流通状態が悪く、おフランスより空輸しましたので、到着までえらい日数かかりましたが。

olskooljamさんがおっしゃるとおりAli Ollie Woodson、Marvin Juniorなどの吠え系野獣スタイル。ズゴーンと来るタイプです。わてはBobby WomackやLV Johnsonらにも似ているなとも思いました。
最近アメリカのアホでヤワなエレクトロポップ化したR&Bばかりで、辟易してたところなので、久々にこんなの現れると嬉しいですわ。SOLOの復活ニュースで、ちょっとはクラッシックソウルの流れくるかなともおもてたんやけど、まったくやし。

Leonのボーカルスタイル、緩急の緩で優しく迫り、登りつめた瞬間に噛みつくような吸引力をみせます。
サウンドは、南部系のオールド感漂う生音で、ライブ感たっぷり。
イントロのピアノでいきなりホロリ、女性ボーカルと掛け合うGive It Upなんて最高。吠えてるだけやありまへん。ファルセット気味で始まるWake UpなんてJohnny Gill並の表現力。泣ける・・・
どれもこれも聞き逃し厳禁。いや、ボートラのBeatles/Michelleカバーはいらんw 

アカペラで実力のほどがおわかりになるでしょう。

実質上シングルカット?ローズカラーのタートルセーターにジャケットスタイル。うーむソウル!

広告