Ace Spectrum / Inner Spectrum

なぜかUSBGの掲載から外れているAce Spectrum。十分ソウルの範疇かと思うけど、意図的なのかな。
このアルバムのThe Isley Brothersのカバー ” If You Were There ”とか何度も繰り返して聞いている。山下達郎のファンなら周知のSugar Babe / Down Townはこの曲からのインスピレーションでできあがったと語られている。確かにリズミカルなカッティングギターにはハッとさせられますね。
これだけでなく哀愁感と高揚感を行き交うダンサー”Don’t Spend Nobody Else”もナイス。スロウでは”I Don’t Want To Play Around”が甘ったるさマックスなのだが、終盤のグルーヴィンな展開にも驚く。全体的にサウンド面でも聴き応えのあるいいお皿。

広告

Ace Spectrum / Inner Spectrum」への2件のフィードバック

  1. 恥ずかしながら初めて聴きましたが(^^;、ホント、”Down Town”ですね。

    ”Don’t Spend Nobody Else”は、Ashford & Simpson作なんですねぇ。チェックしてみなくっちゃ。

    • makiさん:

      山下達郎が凄いところはほぼリアルタイムで洋楽を自分の中で消化していったところですよね。75年くらいになるんかなぁ。本家Isleyの

      のギター音のほうが似てるかな。
      このAce Spectrum、もひとつタイトルLow Rent Rendezvousのアルバムも欲しいんですが、未だ購入しておりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中