David Lasley / Expectations Of Love

DavidLasley2000

Luther Vandrossのバックボーカルやライターをしていた実績があり、ChicやSister Sledgeのレコーディングも参加したといわれるDavid Lasley。
2001年リリースの、このソロ作を買った目的はひとつ、美しいファルセットを聞きたかったから。黒人にある艶めかしさはないものの、どこから切っても美しい喉に心も洗われる感覚がある。
特にタイトルソング、Expectations Of Loveはソウルフィーリングがあるメロで、他のナンバーがAOR然としてるだけに、聞き応えあります。
レーベルはexpansion、肌の色を問わず良質なソウルを届けてくれるのはさすが。

広告

2 thoughts on “David Lasley / Expectations Of Love

    1. ご紹介ありがとうございます。
      ルーサーの晩年にも関わっていたようで、ソウル界には馴染みのひとなんですかね。白人でここまでファルセットを多用するひとは珍しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中