Melba Moore / A Lot Of Love

melba_alotoflove

年の瀬ですね~。みなさん、掃除頑張ってますか?(笑
きょうはネコのトイレにバス関係を徹底的に洗いました。それはええねんけど、ウールのシャツを着て水使ってたら、インナーのシャツに色落ちしてしもたよ(泣
油断してた。今、漂白してるところです。

さて、きょうはメルバムーア。
メルバ大好きなんやけど、彼女の前期はまったくチェックしてない。ブッダ時代を聞き返していこうと思うけど、購入までには到らないな。そのあたり彼女の魅力だけでなく、サウンドが好きかそうでないかに大きく左右されるんよね。

ということで、やはり黄金のキャピトル時代になる。
今回は86年のA Lot Of Loveを。
ハッシュ全盛期となるのでしょうか、Paul Laurence,Rahni Harris(Dayton),Chad,Howard King(Network,Mtume),Kashifその他大勢、そうそうたるメンツが製作に揃う。
まずはベタベタのバラッドB-1 A Little Bit Moreやろ。ハッシュの代名詞Freddie Jacksonとのデュエットでこの曲を知らないブラコンファンはいないと思われる。しかもこのナンバーはR&BチャートNo.1をとっている。ベタなのに嫌みのない、これは些細な感覚やけど、このナンバーをPeabo Brysonとやると辛い(笑 。続く名曲はFalling。これもシングルNo.1。
ということは、このアルバムはメルバの大作といっていいのかもしれない。サウンドから入る俺的にはどうしてもKashifとべったりのThe Other Side of the Rainbowあたりを聴きまくっていたが。

ソウル系のアルバムを購入する際、このアルバムもしかり80年代後期は二束三文の価値にしかなっていないが、いやいやそれはおかしい、もうこんな音楽自体、現在では聴けないんですよ。マスト盤です。

広告

Melba Moore / A Lot Of Love」への4件のフィードバック

  1. こんばんはです、何だか仕事してました~、
    私も掃除しなければ…

    Paul Laurence,Rahni Harris(Dayton),Chad,Howard King(Network,Mtume),Kashifその他大勢

    ココ、コピーしちゃうほどのクレジットですね!

    Hush・・・やっぱりkashifの存在どでかいですよね~。

    • 遅くまでおつかれさまでした。
      まもなく正月ですから、ゆっくりしてくださいね。掃除はあとでもできます(笑

      >コピー
      ほんとです。()を設けて所属まで付け足しました(笑
      それだけ華やかなメンツだったということですね。無論、彼女はハッシュの社長なわけですから、そのくらい集めるのは容易なことでしょうけど。
      今の時代はプロデューサー集団を集めてもピンとこないですよね。
      Kashifはなんだかんだいっても、90年台手前までは最前線のひとでした。

      では、今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしく。

  2. FreddieのRock Me TonightでノックアウトされてからPaul Laurenceの名前を
    クレジットに見たら必ず買っていました♪Falling最高ですね。
    この頃のメルバが一番いいかも?

    • お返事遅くなりました。あけましておめでとうございます。
      その当時Paul Laurenceもそうですが、ハッシュプロなら必ずゲットといった感じでしたね。ほんまクオリティ高かったですわ。
      メルバ、雰囲気づくりはこの時代?がええですかね。俺はどうしてもファンクよりなもう少し前が好きですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中